登山口近くに秘境の宿ができるまで。「風呂が気になる①」

2020.07.27



大阪の秘境地、

役行者さんが最初に修行したお山 

金剛山

その登山口にとても美しい集落があります。

まこちゃん、かおるん、社長

右にいるのは 通称 社長。(実際に社長をしている。楠木正成を超リスペクト)

社長 「やっぱり足湯やで 桶にお湯入れてな」

社長 「おっきなお風呂よりもな 桶にお湯入れて 足をつけたらな ええで」

社長 「それくらいでちょうどいいって」

(※社長はボランティアで改装お手伝いに来ている。電気でも大工でもなんでもできる。なぞに、キャラクターっぽくて、とても存在感がある。)

ふむ ふむ ふむ

なるほど と うなずく二人。

右  まこっちゃん  (大工仕事担当 宿を経営する夫婦 旦那) 

  うんうん そうだね って顔して話を聞く 

左 かおるん   (宿を経営する奥さん 宿のイメージはこの人から生まれる)

「社長 それいいね」といいながら 

かおるんの頭には あきらかに新しいアイデアが泉のごとく湧き出ている。

それも そのはず、かおるんはすでに河内長野 アウリンコカフェ というお店を経営している。  (改装はもちろん まこっちゃん)

アイデアを形にするのが大好きな かおるん。

北欧デザイン とてもシンプル

ちょうどいいサイズの 小さなかわいいお店。

さて、今回は この古民家をどんな風に改装するのか? 

そもそも

社長の足湯の話は

このお家のお風呂を見て

はっと なった 

と思う(スガの推測 スガとはこのブログを書いてる人です)

はっ、、 !

このお風呂、、 なんか気になるな。

四角やし。木やし。

入れるのか?

外側にこれ

ここで火を焚いて お湯わかしたら いいじゃないか?

うん そうやで と社長の声が聞こえてきそうな気がする。

風呂なおして、んで 足湯もしたらええねん 

って 社長の声が聞こえる 気がする

この「風呂」がどうやら 

なにか物語をうみだしそうな 気がする 

 






今後開催されるイベントを記載しています!参加希望はお問い合わせください!